投稿の詳細: レンガ積

2014/02/14

永続的リンク 14:32:40 ,カテゴリ: G市N邸

レンガ積

弊社のスタンダードとなっている外壁の意匠、レンガ積み。

カナダからやってきてくれた、ナイスガイ!2名。



レンガ積みのすべては、ここから始まります。設計図から概略の計画を頭に描いているようですが、現物合わせでイメージを固めると共に、ここでは、アンカー位置を確定しています。レンガ積みには、縦横に鉄筋を入れます。特に縦の鉄筋は、この基礎から立ち上げたアンカーと共に、基礎との一体化に欠かせません。縦横に鉄筋を入れることで、レンガの壁が一枚モノになるようにして、応力分散を可能とします。基本的には、レンガは基礎の上に自立します。建物とレンガは、専用の金物をレンガ目地に挟み込み、建物のスタッドへ釘止めしますが、飛び飛びに設置して、ガチガチに固定するようなことをしていません。あくまで、面のものが面のものに寄り沿うイメージですね。自由度を持たせることが思いのほか、耐震性に寄与するんですよ。まぁ、そんな実物大実験をやって大臣認定を取った工務店さんもいらっしゃいますね。レンガ積みは、躯体ではなく外壁意匠とはいえ、ある程度、耐震性を確保することが、第三者被害を出さない点で必要ですね。


現場は、汚れます。レンガをカットする際は、ご近所様にも、ご迷惑をお掛けしております。でも、これをやらないと出来上がらないのです。ご容赦ください。



エンジンソーです。一気に切っていますね。彼らは、このソーを使って切り物をつくります。ただ、一個二個の時は、ハンマーで割って造ります。穴が5個空いているので、そこを利用していとも簡単に割ります。



レンガが宙に浮くところは、窓などの開口部ですね。そこにどうやって積むのか。窓上には、防錆処理したアングル形鋼を使います。これも基本的には、躯体に固定せず、左右のレンガに支持させます。この上のレンガは、縦置きして、デザインします。


では、この形鋼を使わない場合はあるの?。。。それは、次回のお楽しみ。




ぽちっとなおねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

ご案内


名古屋市近郊の日進市を拠点とする
ホームビルダーです。
ホンモノの北米のお家を建てませんか?
拘り方には自信があります。
こちらのブログでも紹介していますが
もっと詳しく知りたい方は
弊社HPまで
↓↓↓↓↓↓

このブログはホームメイドのスタッフであるmatsuR32が作成しています。仕事も趣味も、思ったことを正直に書きます。建設コンサルタントで橋梁、道路、河川、水道、下水・・・などの設計技術者として22年間経験し、畑違いの弊社にやってきました。プラン作成~現場施工までオールラウンドに対応致します。

実は、プランも担当しておりまして、こちらでご用意しております。参考としてくださいね。

これいいな!とか
ステキじゃん!とか
気に入った!とか
その時、ポチッと!!
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

検索

2018年8月
<< <     
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?