投稿の詳細: ボード貼り

2014/02/23

永続的リンク 14:58:17 ,カテゴリ: NS市M邸

ボード貼り

室内では、断熱工事のセルロースも完了し、
いよいよボード貼りとなりました。

今回、新兵器登場。

ヒロキ2号。

命名は、弊社の工務ですが、大工さんの若い衆の名前が由来です(笑)

従順で黙って仕事をこなすということで評判も上々です。


では、登場して頂きましょう。





???



こうやって使います。



こうやってボードを載せて

クルクルレバーを回して天井へ

写真では下に人が写っていますが、一人で作業するためのものです。
(触りたがりの工務が回しています)

天井に押し付けてくれるので、安心してボードビスを打つことが可能になります。これ、壁にも使えますよ。
なんとかと道具は使いようと言いますが、これがあればだれでもボード貼りができるってものじゃぁ~ありませんね。電気の配線位置やボードの勝ち負けを意識した貼り順序、そして弊社ではスタンダードであるレンガ貼り。これらをちゃんと意識して設置する必要があります。


ヒロキ2号の影に隠れていますが、天井にも弊社ならではのヒト工夫があります。
それは、防振金物。
この部屋は、1階にある寝室。そして、この上は、子供部屋。
万一寝込んでいるときにドタバタされたら、つらいですよね。
そこで、天井にはセルロースを充填し、更にボードが振動で共振しないように防振金物を入れて、ボードが少し浮いた感じで取り付きます。この金物も、カナダから輸入したものです。



ちなみに、窓周りの手法は、予めボードを貼ってしまって、ルーターで切り抜く段取りを取ります。それは、樹脂窓だからこそできる技です。木製サッシのときは、ちゃんと切り抜いたボードを持ってきますよ。
理由は簡単。
現時点でジャム(窓から壁仕上げまでの間を埋める枠材)が付いているか否か。木製サッシは、それも組まれて搬入されます。
このとき、窓の角でボードが分かれるような割付をしません。それは、隅角部というのは、ちょっと応力が入るとクラックが生じる原因になりますので、そこを一枚ものにしておくことでこれに対処します。


ぽちっとなおねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

ご案内


名古屋市近郊の日進市を拠点とする
ホームビルダーです。
ホンモノの北米のお家を建てませんか?
拘り方には自信があります。
こちらのブログでも紹介していますが
もっと詳しく知りたい方は
弊社HPまで
↓↓↓↓↓↓

このブログはホームメイドのスタッフであるmatsuR32が作成しています。仕事も趣味も、思ったことを正直に書きます。建設コンサルタントで橋梁、道路、河川、水道、下水・・・などの設計技術者として22年間経験し、畑違いの弊社にやってきました。プラン作成~現場施工までオールラウンドに対応致します。

実は、プランも担当しておりまして、こちらでご用意しております。参考としてくださいね。

これいいな!とか
ステキじゃん!とか
気に入った!とか
その時、ポチッと!!
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

検索

2018年10月
<< <     
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?