投稿の詳細: 土台設置

2014/03/27

永続的リンク 13:22:19 ,カテゴリ: 構造の特徴, H市K邸

土台設置

いよいよ、建物の躯体に入ります。
まずは、土台から。

弊社の土台は、ヒノキかヒバを使います。それは、防蟻処理をせずに防虫効果の高い木(ヒノキチオールが多い)という意味で採用しています。今回は、ヒバです。
自然素材を大切にしたいと考える弊社としては、こういう選択しかないという現状。それでも、シロアリを避けることはできません。木造住宅に住む以上、シロアリを避けては通れないことは、みなさん認識しておいてください。ただし、防蟻処理をしないまでも、少しでもシロアリが好きになれない環境、緩やかでも空気を動かすこと、最低押えております。土台下には、通気基礎パッキンという、ゲタ状態の部材を入れます。

今回、基礎断熱をおこなう必要から、この基礎パッキンを非通気としました。どちらを優先するか、これは弊社もさることながら、お客様ご自身での判断も求められます。今回は、一階の床暖房を全館空調を利用した床下空調によって得るという特殊な方法を採用しました。お客様からのご希望です。これまでの弊社の実績経験から、床材に無垢材を使うため、床暖房までは不要であると説得を試みましたが、ダメでした(笑)


土台が終われば、次は、一階床合板設置。

適当に貼っているわけではありません。できるだけ、千鳥配置、ソツのないような配置を心掛けています。釘も注意が必要です。この合板の上へ仕上げの床材を貼ります。妙な段差が出来ぬよう、出過ぎ、沈み過ぎをコントロールする必要があります。



う~む
と頷いたら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

ご案内


名古屋市近郊の日進市を拠点とする
ホームビルダーです。
ホンモノの北米のお家を建てませんか?
拘り方には自信があります。
こちらのブログでも紹介していますが
もっと詳しく知りたい方は
弊社HPまで
↓↓↓↓↓↓

このブログはホームメイドのスタッフであるmatsuR32が作成しています。仕事も趣味も、思ったことを正直に書きます。建設コンサルタントで橋梁、道路、河川、水道、下水・・・などの設計技術者として22年間経験し、畑違いの弊社にやってきました。プラン作成~現場施工までオールラウンドに対応致します。

実は、プランも担当しておりまして、こちらでご用意しております。参考としてくださいね。

これいいな!とか
ステキじゃん!とか
気に入った!とか
その時、ポチッと!!
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

検索

2018年6月
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?