投稿の詳細: 液状化

2014/04/27

永続的リンク 05:00:00 ,カテゴリ: 構造の特徴

液状化

地震対策というと、この言葉を聞くことが多いですね。
何が起きるかは、みなさんもご存じですよね。
水位の高い砂層の中で、地震によって揺すられることで砂が移動することで、
建物が沈み込んだり、地面の割れ目から砂が噴出したりする現象ですね。


ここからは、ちょっと違った視点から、触れてみましょう。

液状化を事前に予測することは、できないのかという話ですが、この研究はかなり昔からされており、そのメカニズムはある程度明らかとなっています。
しかし、そこには、砂の定量的な計測が必要になります。
大きなファクターとして、砂の粒径があります。
この粒径の大小、大小の粒径の混ざり具合、密度といったことを室内試験によって得ることが可能です。
液状化有無の判定は、この室内試験結果から各地層のデータを設定して、計算されるものなのです。

一般におこなわれる住宅での地盤調査は、スウェーデン式サウンディング方式が取られますが、これでは各地層の試料採取することはできません。液状化の恐れがあるところは、やはり、ボーリング調査が必須なのです。

また、ボーリング調査は、その試料採取ができるという点から、色々な室内試験をおこなうこともできます。費用の掛かる話ばかりで、恐縮ですが、単位体積重量や砂の内部摩擦角、粘土の粘着力といった、本来、構造物設計を行う上で、必要となる地盤の地耐力算定の基礎資料も得ることが可能です。


そうはいいましても、大型構造物、建築物ならまだしも、一般住宅でホンキの液状化対策をおこなうとなると、現実的ではない費用が掛かってしまいます。立地条件と相談して、ある程度の割り切りが必要なことも念頭においてくださいね。
それは、費用の許す範囲で対策し、液状化が生じたとしても大々的な被害にならないような工夫に留めるというのが現実的でしょう。



ふ~~ん
と思ったらぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

ご案内


名古屋市近郊の日進市を拠点とする
ホームビルダーです。
ホンモノの北米のお家を建てませんか?
拘り方には自信があります。
こちらのブログでも紹介していますが
もっと詳しく知りたい方は
弊社HPまで
↓↓↓↓↓↓

このブログはホームメイドのスタッフであるmatsuR32が作成しています。仕事も趣味も、思ったことを正直に書きます。建設コンサルタントで橋梁、道路、河川、水道、下水・・・などの設計技術者として22年間経験し、畑違いの弊社にやってきました。プラン作成~現場施工までオールラウンドに対応致します。

実は、プランも担当しておりまして、こちらでご用意しております。参考としてくださいね。

これいいな!とか
ステキじゃん!とか
気に入った!とか
その時、ポチッと!!
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

検索

2018年10月
<< <     
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?