アーカイブ: 2014年5月26日

2014/05/26

永続的リンク 06:00:00 ,カテゴリ: TK市N邸

室内作業も順調

今日は、床張り

今回のお家は、パイン材を敷き詰めます。
階段材もパインです。カナダから輸入しました。
パインは本来北欧のものですけどね。
足触りがよいということで、幾度となく採用しています。

現場では、この貼り始めが一番慎重になります。
というのも、すべての部屋が、この貼り始めによって連動するからです。
そう、一つのフロアごとに、この流れの方向が同じになるわけです。
したがって、玄関の上がり框付近や、階段、廊下といった納まりも考えた上で
最適と思うポイントからスタートします。
このあたり、経験がものをいいますね。

床が貼り終わるとすぐに養生します。傷が大敵ですからね。
そのため、上記写真のような状況に・・・

ここでも、チラリと確認できますが、
先の一定方向に貼り込んであることがわかりますね。
また、壁はドライウォールですが、床合板と壁の石膏ボードを浮かせることで
床材が滑り込むことが可能になります。
床仕上げの施工余裕と、壁からの鉛直力が直接床材に掛からないという
目的を兼ねた工夫でもあるわけです。

躯体は、木造です。
当然ですが、揺れますし、湿度変化による伸縮も生じます。
そんなとき、何もかもガチガチでは、どこかに無理が出てきます。
そのためにも、こういった遊びをもっておくことも大切です。

ちなみに、この床材と壁の隙間は、巾木が廻りますので隠れます。



なるほど!
と思ったらぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

ご案内


名古屋市近郊の日進市を拠点とする
ホームビルダーです。
ホンモノの北米のお家を建てませんか?
拘り方には自信があります。
こちらのブログでも紹介していますが
もっと詳しく知りたい方は
弊社HPまで
↓↓↓↓↓↓

このブログはホームメイドのスタッフであるmatsuR32が作成しています。仕事も趣味も、思ったことを正直に書きます。建設コンサルタントで橋梁、道路、河川、水道、下水・・・などの設計技術者として22年間経験し、畑違いの弊社にやってきました。プラン作成~現場施工までオールラウンドに対応致します。

実は、プランも担当しておりまして、こちらでご用意しております。参考としてくださいね。

これいいな!とか
ステキじゃん!とか
気に入った!とか
その時、ポチッと!!
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

検索

2014年5月
<< < 現在 > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?