アーカイブ: 2014年9月

2014/09/29

永続的リンク 05:00:00 ,カテゴリ: M町K邸, 模型製作

模型1

弊社では、お家の模型をプレゼントしています。


お家の模型は、一般的に、画材店にある材料を駆使してつくります。弊社も、そうです。しかし、私には、そのスキルがありません。弊社では、設計士さんからご紹介頂いた方にお願いしております。

弊社では、この模型をお家を造り始める前には、お届けするようにしています。一般的には、設計士のお客様説得ツールとして使う例が多いはずで、計画段階でのご提供でしょう。弊社で同様な対応をしたいところですが、実は、建築確認ギリギリまで計画が動きます。時には、建築確認が下りた後にも変更ということも。現場は大騒動です。

スケールは、1/100です。もっと大きな1/50にすれば、リアルさ増しますが、先の理由からも、そこまでは物理的に無理です。したがって、外観重視、内部は平面図を貼る程度に留めたものとなります。



一例をここにお見せしましょう。

延床43坪程度の横張サイディングのお家です。


輸入のサイディングですので、雰囲気は抜群ですよ。


ガレージエリアも確保、ウッドデッキと共に屋外での時間を楽しむお家を目指しました。





なるほどぉー!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/09/23

永続的リンク 04:00:00 ,カテゴリ: NS市M邸

完成外覧会?2

もう少し、細かなところをご紹介しましょう。

◆玄関ドア
輸入品です。納期に三か月かかりました。
THRMATRU

見た目、木製ドアですね。ところが、これは、ファイバーグラスドア。ですから、腐りません。それでいて、表面は木肌でして、専用品ですが、ステインのような塗料を布で刷り込むように塗り仕上げます。手作業ですから、一種の塗り斑もあるわけですが、それが自然の木であるかのような風合いになります。不思議ですね。
このドアは、サイドライトがありますが、子ドアとして開閉できます。私からは、子ドアが動くタイプは、ガタが出やすいですよ、とご助言させて頂きましたが、固定よりも可動がお好みということで親子共々開閉式です。
大外の枠には、樹脂の化粧材を採用。色々なデザインがありますが、少し男らしい感じで選びました。正直、こういったデコレートは好きではありません。でもアクセントとしては有効。好きになれない理由は、耐候性が悪いのです。中がスポンジ状になっており、塗装が劣化すると、パサパサ、カサカサ、ポロッという状態になります。これだけ人目に付き、雨が直接当たらないところですので、よかろうと判断しました。

◆窓
輸入品です。こちらは比較的早く1.5か月で入荷しました。
HYBRID WINDOWS

いかにも、輸入の窓という感じですね。
今回、ダイニングには、縦にも大きな窓を入れました。お家の断熱性能を左右する最大のポイントは、窓とも言われています。今回、採用している窓は、トリプルガラスの樹脂サッシ。

外側のガラスは遮熱、内側のガラスに断熱加工を施し、真ん中にガラスを一枚入れて、二層のアルゴンガス入りの断熱層を設けているため、外部の熱影響を極力減らし、内部の熱放出を極力抑える、樹脂枠によって窓全体での結露も抑制し、その上で遮音性を高めているという、現時点で考えうる機能、性能を最大限満たしたものとなっています。強いてこの窓の欠点をいえば・・・重い!それは、施工者の問題で利用者にはさほど問題ありませんが、それでも掃き出し窓は通常の窓よりも重いですね(笑)

弊社は、断熱材にセルロースを使用します。外壁には、通気層を設け、外部との熱の越境を極力抑えた構造としています。ご存じのようにセルロースは、断熱もさることながら、調湿性能や防音性能にも威力を発揮します。したがって、弊社のお家は、世間でよく聞く高気密高断熱ではなく、中気密高断熱という謂れは、ここにあります。
トータルで性能向上を果たすことで、木造住宅の大敵、結露を極力避ける工夫をおこなっています。


なるほどぉー!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/09/18

永続的リンク 05:00:00 ,カテゴリ: NS市M邸

完成外覧会?1

完成内覧会に続きまして、外も少しご覧ください。

外壁は、弊社ならばレンガ積が一押しですが、そうばかりともいきません。風情、予算、色々な条件がありますので、そこはお客様とご相談。今回は、国産サイディングとなりました。
それでも、ここまで、できますよ。


ここで採用したので、ニチハの鎧張りサイディング。表面には木目の入ったもので、4段が一枚になったコンクリートサイディングです。それでも、ラップ調になっているので、雰囲気が上手に出ています。色も豊富。今回は、他では見かけないということから、このオリーブを選択されました。


玄関や勝手口には、アイアンの手摺を入れました。なかなかご予算に合うものがなく、結果的にメーカー品となってしまいました。本当は、もう少し手作り感のある、アイアンでいきたかったところです。


窓周囲には、フラットサイディングを使って枠を造りました。白塗装することで一層、引き締まりますよね。上裏や樋も、白色。樋は、アルミ製で繋ぎ目のない、一本モノですよ。これは、現場にて、ロールのアルミ板を押し出しで造るんですよ。面白い技です。

こういった細かな努力で、国産材を使おうとも、ほかにない輸入住宅とすることができます。時間と手間と費用、その掛け方次第で大きく変貌すると思います。



なるほどね!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/09/13

永続的リンク 05:00:00 ,カテゴリ: NS市M邸

完成内覧会7

いよいよ、これが最後です。

最後は、2階の洗面でお別れとしましょう。


こちらは、洗面ボウルとセットになった洗面台を設置。この洗面台も輸入品。
シャワールームを兼用することとしました。
シャワールームは、輸入品ベースで国内にて水道部品類を日本製に替えた、オリジナルを採用しました。国内でホテルの実績も多いところです。説明書も日本語、わかりやすく書かれえていましたので、弊社員(工務と私)で組み立て設置しました。


2階の廊下、手摺です。
いかがですか、手作り感、満載ですよね。こういったところまで、手を抜かず、造りあげることで北米のお家を再現することができます。

お客様は、北米での生活をご存じの方でした。

独特の空気感は、彼の地で感じたとおりだとお話を頂けました。

これこそ、私たちが目指す、ところです。
本当にうれしいお言葉でした。
ありがとうございます!



でも、どことなく和のテイストも、似合ってくるんですよね(笑)


なるほど!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/09/09

永続的リンク 05:00:00 ,カテゴリ: NS市M邸

完成内覧会6


それでは、2階へ参りましょうか。


2階は、廊下がぐるりと回って、各部屋に接続しています。
主寝室、若夫婦の寝室、子供部屋2つ、あります。実はこそっと屋根裏もありますが・・・(笑)
この廊下には、手摺を設け、1階との空間を共有することで、なんとなく気配を感じながら暮らせる状態を造っています。


廊下の曲がり角には、隅切りを設けてそこにニッチを設置しました。
この裏には、全館空調の配管があります。
弊社のお家は、お客様の希望で空調方法を選んでいますが、全館空調の場合、その配管がデザイン上のネックになります。そのため、予めわかっている場合には、このような処置も可能になります。それでも、現場合わせしなければならないことも多く、可能な限り、目立たない処理に努めています。




なるほど!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/09/06

永続的リンク 05:00:00 ,カテゴリ: NS市M邸

完成内覧会5

まだまだ続くよ~~

キッチン水栓
これは、Price Pfister 製。
洗面お風呂の水栓関連もこちらのメーカーを採用。

いまどき、日本の水栓の方が、機能性が上と思います。
わざわざ輸入品に拘る理由は・・・・・・見た目(笑)
何もかもが大き目に出来ている輸入品。
どちらかというと線が細いデザインが多い日本。
更には、日本的モダンなデザインばかり。
クラッシックであったり、
近代的だけどどこか古いデザインが混ざったネオクラッシック的なもの。
それが輸入品にはあります。
今回、少し近代的ですね。シャワーとストレートがスイッチで切替。
先は、引っぱり出してシンクを洗うこともできる(笑)

1階洗面

お風呂


風呂桶は、Neptune 製のバスタブでマッサージエア付としました。
もちろん、水栓などと一緒に輸入しています。



ちょっと、作業中の大工さん
このカウンター受けは、お客様支給でした。
ご家族がハワイへの旅行で買ってくるということで、お待ちしていた材料です。
入居後になってしまいました。


これ、修正材ですが木の固まりから削り出しているようです。
こういうことは、北米は得意ですね。


ちなみに、上のキッチン水栓の写真で、背景にレンジフードがあります。
このフード、キャビネットに隠れていますよね。
ここは、苦労しました。
なにせ、材料はカナダへのオーダーなので思うようにいきませんでした。
でも、大工さんが綺麗に納めてくれましたよ。




なるほど!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/09/02

永続的リンク 05:00:00 ,カテゴリ: NS市M邸

完成内覧会4

まだまだ、いきますよ。

階段。

床は、塗装済みのオーク。階段は、白木のオークにステインによる着色。階段の踏板は二回塗りですが、手摺はお客様のご要望で三回塗り。バラスターは、白木に白塗装。この白塗装、簡単ではないのです。木のアクが出てきては、汚くなるだけなので、それを避けるためのシーラーを予め塗ります。手間が掛かるんです。


でも、その手間が、このような風情になっていく。見る人がみれば、わかります。


和室

あまり紹介はできませんが、和室を少し。

この三連ポケットドアで仕切られるのが和室。






なるほど!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

ご案内


名古屋市近郊の日進市を拠点とする
ホームビルダーです。
ホンモノの北米のお家を建てませんか?
拘り方には自信があります。
こちらのブログでも紹介していますが
もっと詳しく知りたい方は
弊社HPまで
↓↓↓↓↓↓

このブログはホームメイドのスタッフであるmatsuR32が作成しています。仕事も趣味も、思ったことを正直に書きます。建設コンサルタントで橋梁、道路、河川、水道、下水・・・などの設計技術者として22年間経験し、畑違いの弊社にやってきました。プラン作成~現場施工までオールラウンドに対応致します。

実は、プランも担当しておりまして、こちらでご用意しております。参考としてくださいね。

これいいな!とか
ステキじゃん!とか
気に入った!とか
その時、ポチッと!!
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

検索

2014年9月
<< < 現在 > >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?