カテゴリ: H市K邸

2014/04/17

永続的リンク 06:00:00 ,カテゴリ: H市K邸

フィニッシュ直前


フィニッシュ直前。

必死の仕上げ作業です。傷のチェックや可動部分のチェック。お掃除も抜かりなく。。。

もう少しです。


ステキだなぁ~
と思ったらぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/04/13

永続的リンク 06:42:42 ,カテゴリ: H市K邸

足場撤去

レンガ積みも終わり、上裏の完成、樋の設置が完成すれば、いよいよ、足場撤去です。

足場がなくなると、途端にとんでもない存在感を放ちます。


緑とのコントラストも、いいですね。特に今回は、茶系のヘリテージアンティークブラウンという色を使っていますので、文字通りヘリテージ!
あなたも、どうですか?日本では、まだまだ珍しいレンガ積み。弊社は、フランチャイズではありません。独自にカナダよりレンガや職人を入れ、弊社ならではの構造仕様をもって、実現しています。


室内に目を転ずると、暖炉やキッチン周りが完成してきました。

この暖炉周りのレンガもカナダの職人にやってもらう予定でしたが、フライトの時間との調整ができず、ここはタイル職人の手で仕上げました。でも、遜色ないですよね。きれいすぎるかも(笑)


キッチン水栓は、国産品です。こちら、お客様からのご希望。Lixilのタッチレス水栓です。手をかざすだけで、水が出ます。キャビネットの中に隠れますが、浄水機能も付いています。左に小さな物体がありますが、ソープディスペンサー。他の商材とともに輸入しました。
天板とステンレスシンクは、国産。キャビネットは輸入したものですので、それらがすべて設置されてから採寸して材料制作~設置となります。天板の輸入も考えられますが、非常にデリケートなもので、運搬中の破損が心配です。また、現場での納まりが厳しく納得のいく仕事にならないというのが正直な感想です。
したがって、今回も、洗面の天板は輸入しましたが、キッチンは国産としました。


ステキだなぁ~
と思ったらぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/04/11

永続的リンク 17:00:00 ,カテゴリ: H市K邸

記念日

今日は、お客様にとって、良い思い出になれば幸いです。

レンガ積みをオーナー自らおこなう。
これ、特権ですよね(笑)

もっと、楽しい写真を上げたいのですが、あまりに顔出しが激しいので、少々遠慮させて頂きました。おこさんの記憶の中にも、残ってほしいものです。言葉が通じなくても、気持ちで通じる、面白い光景です。

そして、お決まりの家族でパチリ!

レンガ職人と彼女も一緒に入って、撮影大会です。ここまで、ものすごく時間が掛かりました。そして、まだまだ、時間が掛かります。もうしばらく、気合いを入れて頑張りましょう。これ、お客様も、そうなんですよね。凄くパワーが必要です。特に弊社で建てて頂く場合は・・・・(笑)


記念日の数日後に、玄関上のキーストーンを設置しています。

実は、この裏には、ご家族のみなさんが名前と言葉を添えて、書き込みました。二度と見ることのないものとなりますが、オーナーとしての「証」を残す、一種の儀式。そう、棟上げの際、お札を上げるがごとくですね。
少し、話が逸れますが、自分が建設コンサル時代に知ったことを少し。橋のたもと、橋台部分には親柱が建っています。その脇にちょっとした記録のプレート、橋歴板を見かけるかと思います。
昭和初期のコンクリート造の橋梁などでは、その部分が蓋になってたりして、内部に竣工図面を入れたりすることがありました。一種の施工の「証」を残す気持ちの表れでしょうね。でも、表面の橋歴板に設計者の名前が載ることは、めったにありません。(図面にはタイトル部分に設計者名が載ります)
最近出来たばかりの橋梁の橋歴板を見てやってください。橋台ではなく、橋脚にあるかもしれません。国交省管轄であれば、施工者のゼネコン名の下に、設計者であるコンサルタントの名前も載るようになりました。ちょっとだけ、うれしいですね!

そして、完成した図。

アーチは、いつみても、綺麗です。造り手としては、大変な手間を掛けることになりますが、そのぶん、説得力は段違い!!



そして、もうひとつ、遊びがあります。この玄関の右側にこそっと・・・・

ちょっとした、明り取り。




ステキだなぁ~
と思ったらぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/04/09

永続的リンク 15:02:44 ,カテゴリ: H市K邸

レンガ積みも終盤

レンガ積みも、終盤になると、高所になります。
慎重に慎重を期す・・・でも、慣れたものですね。
その動きには、ぎこちなさがありません。

この写真は、正面アーチ窓の上を仕上げているところです。


その完成風景がこちら・・・


やっぱり、レンガ積みです。不思議な重厚感と安らぎを覚えます。これも、ひとつひとつ、職人が手で積んでいるからこそ伝わる「心」でしょうか。「心」は、万国共通でしょうね。



ステキだなぁ~
と思ったらぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/04/07

永続的リンク 14:54:57 ,カテゴリ: H市K邸

外部と内部2

外部では、レンガ積みが始まりました。

全体の割り付けから確認です。水平も大切ですね。建物基礎は、レベルに造ってありますが、レンガのような寸法になってくると、ちょっとした高低差も響きます。ここは、慎重にレベル出しをおこないます。

今回、一人で施工している割には、思いのほか、どんどん進みます。


そして、内部では、断熱工事が完了して、せっこうボード(プラスターボード)も貼り終わり、ドライウォール工事が始まっています。

この写真は、1回目のパテ作業完了程度です。ボードのつなぎ目はもちろん、ブルノーズが入っている壁や梁の突出部に、もっとたくさんのせっこうパテが載ります。壁全体が白くなります。

こちらが、完成形。わかりますか、全然、パテが載ってる広さが違いますよね。こうでもしないと、壁全体が平らなイメージならないのです。細かな話、緩やかに湾曲した壁になりますが、人の目にはわからない。また、幅木が取りつくためにも、緩やかな曲線なら可能になる、そういう理由からです。もちろん、主目的は、一枚の壁にするためですね!


頑張ってるね
と思ったらぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

<< 前のページ :: 次のページ >>

ご案内


名古屋市近郊の日進市を拠点とする
ホームビルダーです。
ホンモノの北米のお家を建てませんか?
拘り方には自信があります。
こちらのブログでも紹介していますが
もっと詳しく知りたい方は
弊社HPまで
↓↓↓↓↓↓

このブログはホームメイドのスタッフであるmatsuR32が作成しています。仕事も趣味も、思ったことを正直に書きます。建設コンサルタントで橋梁、道路、河川、水道、下水・・・などの設計技術者として22年間経験し、畑違いの弊社にやってきました。プラン作成~現場施工までオールラウンドに対応致します。

実は、プランも担当しておりまして、こちらでご用意しております。参考としてくださいね。

これいいな!とか
ステキじゃん!とか
気に入った!とか
その時、ポチッと!!
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

<< 前のページ :: 次のページ >>

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

検索

2018年12月
<< <     
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?