カテゴリ: K市H邸

2014/12/31

永続的リンク 00:00:00 ,カテゴリ: K市H邸

大晦日

いよいよ、今年も終わりです。
楽しかったこと、苦しかったこと、悲しかったこと・・・
色々あった一年だったと思います。
振り返りながらも、明日からの新しい人生へ向かって一歩、踏み出しましょう!!


今日は、リフォーム現場で、リビング

工事前のリビング窓


リビングですが、テーブルです。
お客様は、リビングは共有空間でお客様も招き入れるところ、だから普段から綺麗にしておきたい、そういう理由でソファーやテレビを置かずにテーブルとイスだけとされています。こういう割り切り方もアリですね。

今回、この外側にウッドデッキを造ります。そして、ここは、掃き出し窓にします。
大き目の腰窓で、その外の木々でなんとなく隠れた雰囲気、これもイイ感じですよね。
でも、すっきりしちゃいます。


工事後のリビング窓

掃き出し窓にすると、明かりの量、風の量が全然変わります。そして、景色が変わります。開放的になりますね。デッキが完成すると、部屋が広くなったような使い方ができるようになります。陽気のいいときは、ついフラッと外に出てしまいますね。


完成したリビング

シャンデリアは、今回、追加しました。これまで、ダウンライトだけでしたので、天井がすっきりしていましたが、このような飾り照明が真ん中にあるだけで、部屋が豪華な印象に変化しますね。


チェアレールの追加

巾木を流用してのチェアレールです。これは、お客様には内緒でやりました(*^^)v
ここは、お客様がご自分で帯状のクロスを貼っていました。それがまったく異なるテクスチャーでしたので、そのままでは、同じ色を塗ると、違いが目立ってしまうことを恐れました。細いレールを上下に入れることも考えましたが、寸法的にこれがジャストサイズ!
ご契約にはないエキストラですが、そこはこちらの勝手で触りましたので、サービスです。でも、非常に喜んでいただけました。こんなところが、弊社の得意技ですね。


リビングの輸入照明

今回、いくつかの照明器具を追加、変更しました。採用した器具は、キチラー。独自ルートで輸入しました。豪華に見えますが、金具があっち向いたり、こっち向いたり・・・・ご愛嬌ということで。


こうやって撮影すると、カッコいいでしょ!




楽しいね!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/12/28

永続的リンク 05:00:00 ,カテゴリ: K市H邸

玄関

リフォーム
お家の顔である玄関を忘れがちではないでしょうか?


施工前の玄関ドア

今回の玄関ドアは、単なる塗替えではありません。
ドアハンドルとヒンジを交換しました。メーカーは異なりますが、似たデザインを選んで頂きましたので、初めからそこに付いていたようになりました。
動きも見た目も、新品のようになりましたよ!

施工後の玄関ドア

外部照明も交換しましたので、一層いい雰囲気になりましたね。
レンガ積と相まって、弊社が建てたお家に思えてきますね。でも、これは他社さんが14年前に建てたお家です。その会社は、現存しますが、残念ながら輸入住宅は扱っておりません。これだけのノウハウがあっても、利益追求の前には撤退という選択しかなかったのでしょうか。残念ですね。



今回のリフォームは、お施主様が生活されている中での施工となりました。正直、お互いに大変です。汚すわけにはいかない、うるさいなかでの生活、夏でしたから暑い・・・事前にお話をさせて頂きましたが、長期間になるリフォームです。そうそう借家もありません。大変を承知でスタートしましたが、やはり大変だったとお施主様の言葉でした。
一方で、常に奥様がいらっしゃいますので、段階的な確認は、実にスムーズでした。新築でもそうなのですが、私たちの仕事の進め方は、細かな点までお客様に確認しながら作業します。したがって、時間もかかります。他社と異なる工期の長さは、そこにも要因があります(#^^#)
その点では、今回の現場は、スマートにできました。



なるほど!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

2014/12/24

永続的リンク 05:00:00 ,カテゴリ: K市H邸

Merry Christmas

世間は、クリスマス真っ只中。
みなさんのご家庭でも、様々な演出をお考えでしょうか。

そんな中で・・・・

今日は、弊社として珍しい?
K市H邸のリフォームをご紹介します。

弊社は、これまでに新築を手掛けてきました。
中にはリフォームということでクロス張替や機器入替といった世間と同様な施工事例はありました。
しかし、今回のリフォームはちょっと趣向を変えております。
そこは、お客様と十分に相談した上で方向性にご納得頂きました。

施工範囲は、多岐に及びます。
1.外壁の塗替
2.屋根の塗替
3.輸入窓による取替
4.内壁クロスへ塗装
5.輸入照明による取替
6.階段に輸入カーペット
7.ガスレンジ、レンジフードの取替
8.ビルトインガスストーブの設置
9.便座の取替
10.洗面の輸入鏡による取替
11.屋外デッキの設置
12.カーポートの設置
13.植栽の撤去
14.門柱・門扉・舗装の設置
15.公共下水への切替

びっくりするくらいの金額になりました。
家が建つくらいの費用です。
それでも、やると決めてくださった施主様。
本当にこのお家が好きで、長く住むことを決意された現れですね。

施工前の外観

道路に向かって大きな腰窓です。植栽によってブラインドとなっています。レンガは、輸入品を使って積んであります。なかなか気合が入っていますね。正面の飛び出した部分は、2階窓からの雨漏りがあった際、窓交換と共にサイディングも交換してあります。サイディングの幅が異なるのは、そのためです。


施工後の外観

窓を交換したところは、大き目にサイディングをカットして、フラットサイディングによる窓枠を造りました。今回、交換した窓は、この正面の上下の2か所と左側の窓で3か所です。
正面2階の窓は、お客様の希望もあって当初イメージに戻したいということで、国産サッシから輸入サッシへ交換です。いずれの窓も、マービンを採用しました。
1階は、この正面と左側のひとつを掃き出し窓としたことで、光と風がたくさん入るようになりました。リビングは、気持ちのよい空間に変わりましたよ。


輸入窓交換と輸入窓枠飾りで外観の演出

外観の塗装では、窓枠と上裏・破風・鼻隠し及び出隅を白色とし、その他は緑色と水色でのコントラストとしました。色は、弊社が調色提供できるカナダのパラペイントを採用。水性アクリルということで、耐久性の面では国産のウレタンなどの塗料に比べ劣るものの、その発色は独特の世界観があります。輸入住宅であるからこそ、似合いますね。
屋根は、国産塗料を採用しました。ちなみに、この屋根材は、カラーベストです。各段差の下側に少し隙間がありますが、ここを塗料で埋めちゃうような塗り方をしてはだめです。プロなら誰もが知っていることですが、水抜きを意味しておりますので注意です。弊社の新築では、アスファルトシングルを採用していますので、そういう心配は不要ですね。




なるほど!
と思ったら、ぽちっとな!
おねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

ご案内


名古屋市近郊の日進市を拠点とする
ホームビルダーです。
ホンモノの北米のお家を建てませんか?
拘り方には自信があります。
こちらのブログでも紹介していますが
もっと詳しく知りたい方は
弊社HPまで
↓↓↓↓↓↓

このブログはホームメイドのスタッフであるmatsuR32が作成しています。仕事も趣味も、思ったことを正直に書きます。建設コンサルタントで橋梁、道路、河川、水道、下水・・・などの設計技術者として22年間経験し、畑違いの弊社にやってきました。プラン作成~現場施工までオールラウンドに対応致します。

実は、プランも担当しておりまして、こちらでご用意しております。参考としてくださいね。

これいいな!とか
ステキじゃん!とか
気に入った!とか
その時、ポチッと!!
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

検索

2017年5月
<< <     
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?