カテゴリ: 建築中, NS市M邸, TK市N邸

2012/03/09

永続的リンク 12:05:02 ,カテゴリ: 建築中, G市N邸

基礎配筋

さぁ、基盤が出来上がりましたので、配筋作業です。
当然ですが、基盤の上には、防水シートが敷き詰めてあります。
地盤からの湿気対策ですね。
なので、鉄筋を支えるものや目印などを刺してこれを破るようなことは致しません。
ちょっとした気遣いですが、積み重ねが大切ですね。

弊社では、木造家屋にはオーバースペックと思われるくらいのベタ基礎を施工します。
しかし、弊社のお家はレンガ積み。今回のお家もレンガ積み。
足元をしっかりさせておくことが、その後の安心になると思っています。
ここは、やり直しが効かない部分ですからね。
慎重に丁寧に判断し施工する、この積み重ねと思っています。



余談
鉄筋の純かぶり(鉄筋の表面からコンクリートの表面までの距離)は4cmとされています。この純かぶりは、鉄筋コンクリート指針というのが大元にありますが、経年変化によってコンクリートが中性化をおこして鉄筋に及ぶまでを50年以上で想定しています。もちろん、様々なコンクリートの特性である、細かなひび割れや凍害といった問題を一定量意識したうえに設定されていますが、これは最小値ですね。
元々コンクリートは、アルカリ性を有しています。コンクリートの中性化とは、気中の排気ガスや二酸化炭素といった炭酸ガスが、コンクリート中の水酸化カルシウムに代表されるアルカリ性を有する物質を、中和した物質へと変えてしまう状態を言います。
中性化がおこると何がいかんのかと言いますと、鉄筋の周りには、コンクリートによって不導体被膜が形成されており、それが鉄筋の発錆を防いでいます。(良く考えられていますよね)
ところが、その膜が中和によって消えていきます。炭酸ガスとともに水分も浸入し、次第に鉄筋が錆びます。鉄筋は、錆びると、膨らみます。膨らむと、コンクリートが割れます。
この繰り返しで、ひびわれが助長され、鉄筋の強度低下とともに、鉄筋コンクリートの強度低下をおこします。中性化自体はコンクリート強度とは無関係ですが、強度低下を引き起こす遠因であることは確かですね。

良質なコンクリートとは、なんでしょう。それは、密実なコンクリートですね。結果、強度もちゃんと出る。一方で、古くなったコンクリートをそれに近い状態にする方法はないものでしょうか。
自分は、建設コンサルタントの技師として22年やってきましたが、その中でも橋梁補修補強に力を入れてやってきました。その中で、劣化を抑制し密実なコンクリートへ改質する材料として、「CS21」という材料を提案していました。これは、コンクリート表面へ噴霧したり、塗ったりするという至って簡単なもの。コンクリート内部のカルシウム分と反応し、再結晶化、コンクリート中の空隙を埋めながら、自浄作用で密実化していきます。そこに反応性材料があれば、永遠に進みます。
この材料、元々は、防水材として考案されたものでした。しかし、その性能に磨きをかけてこのような利用方法を見出しています。もっと、一般住宅の世界に浸透するといいのですが・・・


ぽちっとなおねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

2012/03/07

永続的リンク 11:43:35 ,カテゴリ: 建築中, G市N邸

基盤整形

建物基礎をつくるうえで、この基盤づくりも大切なステップです。
コンクリートの基礎ですから、基盤が凸凹では、水平確保も大変ですし、なにより、予定以上のコンクリートが無駄に必要になってしまいます。
ですから、仕上げは、ピンとした形にする努力が大切となります。

まずは、柱状改良の柱頭部を確認。

ここが砕石基礎の下端となります。この上に所定の砕石を入れます。

入れながらの転圧を繰り返します。
丁寧に繰り返すことで、締固めもしっかりしてきます。


仕上がったところで、高さも綿密に確認。

そして、完成。

コンクリート基礎の形状がわかるくらい、綺麗に仕上がっています。まわりに見える板は、丁張といって、コンクリート基礎を造るうえで重要なパーツです。ここに高さの印がされており、常に仕上がり高さを意識した施工をおこなう上で、大切なものとなります。
そういう目でみると、基礎の天端が凄く高く感じませんか?
建物まわりの地盤を最終的に20cm上げますのでその分も加味されたイメージになります。また、今回、基礎の立ち上がりも高めとしました。ですから、現状の地盤面からは凄く高く見えますし、実際、高く出来上がります(笑)
まわりのお家の窓が低くみえると思います。

ぽちっとなおねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

2012/03/05

永続的リンク 11:29:27 ,カテゴリ: 建築中, G市N邸

地盤改良

仮の地盤整形を終え、いよいよ、地盤改良をおこないます。
今回の採用は、柱状改良。

直径600mm、長さ1.8m、本数37本
固化剤は有機質土用で320kg/m3を使用しました。

少々、物々しいですね。固化剤を積んだトラックとミルクをつくるトラックです。

できあがったミルクを圧送しながら、オーガーを回して地中深く柱状に土を改良します。

上の機械をあっちこっちに動かして、37本!造ります。
そして出来たての改良体の頭部が、こちら。



この頭部を砕石基礎の底面と一致させます。
ここで、「ん?」と思われた方もいらっしゃるかな。
通常の杭であれば、躯体基礎と面タッチ、或いは、基礎内部に差し込み、鉄筋をつないで剛結させるといったことが一般的です。
しかし、柱状改良は、その目的が異なるため、以下のように考えます。
あくまで、常時の建物の沈下を防ぐことが目的であり、地震時を想定して建物を固定する概念はありません。したがって、建物の挙動を無理に拘束するのではなく、あくまで下支えをつくることが目的なのです。現実には、ある程度の地震に対しては、地盤と共にゆるやかに挙動しながらも、沈まないように建物を支えます。
建物側では、建物躯体とコンクリート基礎との一体化をおこなっています。四隅にはホールダウンアンカーφ16で直接建物躯体とコンクリート基礎を繋ぎ、それ以外にアンカーボルトφ12を最大2mピッチになるように土台木とコンクリート基礎を固定します。当然ですが、躯体はツーバイーフォーですので、この土台に1F床組(床根太に床合板が釘止めされたもの)や壁(スタッドで組まれた木枠に構造用合板を釘止めしたもの)が釘と金物で剛結されていきます。

ぽちっとなおねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

2012/02/02

永続的リンク 11:08:34 ,カテゴリ: 建築中, G市N邸

工事着手

建築確認も許可がおり、いよいよ、工事着手です。
この日も、お客様よりご指定の日でした。
なので、天候がどのような状況になろうとも、
手を掛けることに意義があります。


あたり一面、真っ白・・・・


基礎屋さんには、無理をお願いしました。
なんとか、着手して、順次、工事をすすめていきます。


地盤調査結果では、支持力があって直接基礎が可能とありました。しかし、古くから畑として使われきた土地です。その土は、粘性土が1.5mほどの厚さ。その下には、礫のしっかりした基盤がみられます。
スウェーデン式サウンディングによる調査ですから、粘性土で支持力が出やすい特徴があります。一方、粘性土は、長期の圧密沈下を起こす恐れがあります。ましてや、畑だったところ。十分な締固めがあったかと言えば、疑問です。
そのようなお話をお客様に伝え、ご了解を頂きながら、以下の方針としました。

①お家の下は柱状改良
②全体には、良質土の入れ替え
③仕上がりの盤は、路面より20cm上げる(川に近いため少しでも床を上げたい)


ここで、補足。
一般住宅の地盤改良とは、平常時の地盤沈下を防ぐためにおこないます。よって、地震時への対応は考えていません。住宅あんしん保証も、この範囲での保証となっています。


ぽちっとなおねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

2012/01/30

永続的リンク 10:51:21 ,カテゴリ: 建築中, G市N邸

地鎮祭

晴天に恵まれました。
この日は、お客様からご指定の日でした。
それだけに、心配は天候。
それにしても、よかったです。

地鎮祭のあと、ご近所様へのご挨拶に伺いました。
みなさん、優しい方ばかりで、ご丁寧に応対頂けました。
今の世の中、ギスギスした人間関係ばかり目につきますが
こちらの方々に触れ、ホッとした気分となりました。



地鎮祭の祭壇、お供え物、すべてお客様がご自分でご用意されました。
竹は神主さんの神社より頂戴し、荒縄張や紙垂取付、祭壇設置・・・
すべてをお客様と弊社でセットしました。
身の引き締まる思いです。


ぽちっとなおねがい!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ

:: 次のページ >>

ご案内


名古屋市近郊の日進市を拠点とする
ホームビルダーです。
ホンモノの北米のお家を建てませんか?
拘り方には自信があります。
こちらのブログでも紹介していますが
もっと詳しく知りたい方は
弊社HPまで
↓↓↓↓↓↓

このブログはホームメイドのスタッフであるmatsuR32が作成しています。仕事も趣味も、思ったことを正直に書きます。建設コンサルタントで橋梁、道路、河川、水道、下水・・・などの設計技術者として22年間経験し、畑違いの弊社にやってきました。プラン作成~現場施工までオールラウンドに対応致します。

実は、プランも担当しておりまして、こちらでご用意しております。参考としてくださいね。

これいいな!とか
ステキじゃん!とか
気に入った!とか
その時、ポチッと!!
↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

:: 次のページ >>

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

リンクブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

検索

2017年11月
<< <     
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリー
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?